トップページ

ペットの病気(狂犬病)

伏せ姿の犬

犬を飼っている方に義務付けられているのが狂犬病予防接種です。 毎年、役所から案内が届いて予防接種は受けているけど、本当に必要なのかな、 と思われる方もいることでしょう。
日本の場合は1957年から発症例がないのですから、必要性が分かりにくいのかも しれません。
しかしながら、発症すれば死亡率100%の恐ろしい感染症なのです。

犬の病気

◆ 狂犬病(感染症)
狂犬病について、もう少し詳しく紹介します。

狂犬病(きょうけんびょう)は、狂犬病ウイルスを病原体とするウイルス性の人獣共通感染症、つまり人間にも感染する怖い病気なんです。 日本では予防接種が徹底されているので実際に感染者は出ていませんが、世界では毎年約5万人の死者が出ているそうです。最近マンションで犬を飼う人も増えていますが、外に出さないので狂犬病の予防接種はしなくてよい。と勝手に解釈して予防接種を受けていない飼い主が増えているそうです。狂犬病は家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つですから、飼い主は必ず予防接種を受けるのが犬を飼うための条件ではないかと思います。

狂犬病の原因
狂犬病って犬の病気だと思っていませんか? 獣医とか専門家でない限り、狂犬病は犬だけの病気と思っている人が殆どです。しかしながら、狂犬病ウイルスはヒトを含む総ての哺乳類に感染する病気なんです。犬だけではなく、ネコ、アライグマ、キツネなどから感染することもあるそうです。動物を触っただけでは感染しないかもしれませんが、狂犬病に感染した動物にに咬まれたりすると、咬み傷などから唾液の中にいるウイルスが触れて伝染する場合が多いそうです。特に傷口や目・唇といった体の粘膜部を舐められたりした場合に狂犬病に感染する確率が高くなります。

狂犬病の症例
狂犬病の潜伏期間は、どこをどのくらい咬まれたかで大きく異なります。咬まれた傷から侵入した狂犬病ウイルスが脳神経組織に到達すると狂犬病が発病しますが、その感染の速さは日に数ミリから数十ミリと言われています。したがって足を咬まれたのと顔を咬まれたのでは、発病までの日数がかなり違ってきます。万一顔を噛まれたら、狂犬病の潜伏期間は2週間くらいしかありませんので、一刻も早く病院でワクチン接種とか適切な処置が必要となります。
 狂犬病に感染した時の症状ですが、初期段階では風邪に似た症状が出るそうです。また同時に、咬まれた傷がかゆくなったり、熱っぽくなったりする症例も出るようです。急性期には水が極端に怖くなるそうです。水のような液体が触れると、強い痛みを感じるようです。狂犬病に掛かると、水が怖くなると覚えておいた方がいいかも知れません。水を怖がるくらいですから、興奮性、麻痺、精神錯乱などの神経症状も現れます。さらに恐ろしいのは、水を恐れるようになった後、約1週間後に昏睡状態となり、呼吸障害によって死に至るようです。

犬に噛まれた時の処置
犬に咬まれたら、狂犬病の感染有無にかかわらず、傷口を石鹸水でよく洗い、消毒液やエタノールで消毒することが一番大切な処置です。狂犬病ウイルスは弱いウイルスですので、この石鹸で洗って消毒液で消毒することで、ウイルスも大半は死滅してしまいます。そしてすぐにワクチン接種を開始することを忘れてはいけません。事前に予防接種をしていなければ合計6回、していれば2回接種する必要があります。 咬まれたところによっては、ワクチン接種が間に合わない場合もあるので、すぐ病院へ行って潜伏期間内に必要回数を受けなければなりません。いずれにしても大事なことは、犬や犬以外の動物に咬まれたら、直ぐ咬まれた箇所を洗浄消毒することです。

狂犬病の予防
狂犬病が怖いのは、一度発病すると致死率が高いことです。
狂犬病は発病後の死亡率がほぼ100%で、発病すれば治療法はありません。
ただし、ワクチン接種によって予防が可能なんですね。これはヒト以外の哺乳類でも同様であり、そのため日本では狂犬病予防法によって飼い犬の登録と飼い犬へのワクチン接種が義務化されています。世界では年間5万人もの人が狂犬病でなくなっている訳ですから、狂犬病が発生している国では動物に咬まれないようにする以上に、 現地の動物に気安く触らないことが忘れてはいけない重要なことです。

 愛犬についても外国から輸入される哺乳類のペットが感染していないとも 限りません。愛犬を安楽死にさせないためにも、予防接種は必ず受けるよう にしましょう。


◆ 大切なペット の調子がおかしい時、何かと頼りになるのは近くの獣医さんですね

あなたの街の獣医さん

スポンサードリンク

トップページペットの効用ペットに関する調査犬と公園ドッグランのコーナーペットと泊まれるホテルペットの美容室ペットの知育ペットの病気狂犬病
ペットリンク集1ペットリンク集2ペットリンク集3ペットリンク集4

Copyright(C)ペットと楽しく暮らすリンク集