c

ペットの美容室

ペットのおしゃれに関するページです

犬のおしゃれ

犬のおしゃれ

犬のおしゃれポイントとして、上げられるのは

◆ グルーミング
 犬のおしゃれ、最初の基本は毎日のブラッシングですね。とくに、長毛犬ですとなおさらです。
ブラッシングは犬の見た目だけでなく、ノミやダニなどの防止にもなりますので 毎日欠かさずやってあげましょう。
毎日のブラッシングを通じて、犬は飼い主とのコミュニケーションがとれますので、ストレスのたまりにくいよい状態となることが期待できます。

◆ 爪の手入れ
 犬は自分からは爪とぎはしません。 歩いたり、走ったりすることで、自然に爪とぎができるようになっています。 したがって、頻繁に散歩している犬は大丈夫かもしれませんが、大抵の犬は 定期的に爪切りをする必要があります。
 また、犬の特徴でもある足の内側にある狼爪は散歩では地面に触れないので、 飼い主が爪切りしてあげましょう。爪切りはペット用爪切りを使えば簡単に 自分で切れます。

◆ 歯の手入れ
 犬も人間と同じように歯の手入れは欠かせません。犬にとって歯は狩りをしたり、 敵から身を守るときに欠くことのできないものでした。人間社会の中でペットと して暮らすようになったとはいえ、歯を鍛える習性は残っています。
 歯の手入れを兼ねて歯垢が取れる犬用ガムを与えるも効果があります。 ガムは犬のストレス解消にもなります。 理想は人間と同じように毎日、食後30分以内に飼い主が歯磨きをしてあげる ことでしょう。

ネコのおしゃれ

ネコのおしゃれ

ネコは動物の中でもきれい好きで知られています。ネコが自分の体をなめて きれいにしているのはよく見かける光景です。
ネコのおしゃれに関しては、自分でやるからほっといて、と言われているような 気にさえなります。


◆ ネコの毛づくろい
 ネコは毛づくろいの習性があります。犬も毛づくろいすることはありますが、 ネコは毎日の日課の如く徹底しています。体中をなめてきれいにします。
 ネコについては、外で汚れたとき洗ってあげるぐらいかと思います。 濡れるのが嫌いなネコのシャンプーは大変ですが...

◆ ネコの爪とぎ
 ネコは爪をとぐ習性があります。爪とぎ用の木を用意してあげなければ、 家の中で飼い主に遠慮なく適当な木を見つけて、ガリガリやってしまいます。

スポンサードリンク


トップページペットの効用ペットに関する調査犬と公園ドッグランのコーナーペットと泊まれるホテルペットの美容室ペットの知育ペットの病気
ペットリンク集1ペットリンク集2ペットリンク集3ペットリンク集4

Copyright(C)ペットと楽しく暮らすリンク集